ダム・発電

我が国の国土は、気象、地理的に極めて厳しい条件下にあり、洪水災害から国民の生命・財産を守り、安全・安心な国土作りを目指すことは、最も基礎的な課題と言えます。また、大規模地震等超過外力に対する安全性の確認も早急な課題となっています。さらに、安定した水資源の確保やクリーンエネルギーとしての活用、流水の正常な機能の維持、上流から下流までの土砂管理等、河川の総合的な整備も求められています。 これらの使命に対して、ダムを軸とした総合的な技術サービスを提供します。 主な技術サービスは、新規ダムの建設に対する技術提供、既設ダムの再開発、長寿命化に対する技術提供、既設ダムの超過外力に対する耐震性能照査、既往施設を活用した小水力発電事業に対する技術提供等であり、ダム事業に関わるすべての分野に対応し、豊富な実績を有しています。

主な技術サービス

ダム群再編計画

現在設置されているダムは、洪水の防御、安定的な水供給、発電などの様々な目的や時代背景をもとに設置された歴史の産物です。今では、あたりまえのように水が手に入り、あたりまえのように電気がつきます。多少の雨が降ってもあたりまえの生活ができます。この「あたりまえ」を支えているものにダムがあります。そんな「あたりまえ」を実現するために、複数のダムが設置されました。しかし建設当時よりも広い視野でダムの存在を見直してみると、それぞれのダムを「もっと効率的に運用できる」ことが分かってきました。一方で、ダムそのものの老朽化や、土砂堆積の進行も進んでいますが、これからも「あたりまえ」を維持し続ける必要があります。また、河川環境の改善や地球温暖化への対応なども求められています。これらを実現するのが「ダム群再編計画」です。ダム群再編計画は、個別のダムを、よりグローバルな視点で「ダム群」として捉え直し、運用の効率化と高度化を実現する計画です。「あたりまえ」の一歩先を見据える計画です。

既設ダムの再開発

わが国の社会資本整備は、少子高齢化と人口減、環境問題と再生エネルギーの活用など、厳しい財政事情の中で、転換点を迎えています。特にダム事業は、効率的なダムサイトの減少や自然環境の保全により、新規のダム建設に対しより慎重に判断していくことが求められてきております。しかしながら、ダムは治水・利水の両面で、これまで国土形成の基礎や国民生活の基盤としてその機能を発揮してきました。さらに、今後も時間的・空間的にさまざまなスケールで生じてきている気候変動に対応するためにも、貴重な社会資本ストックである既設ダムの効率的な利用が重要視されています。
既設ダムの再開発には、既設ダムを嵩上げし新たな貯水容量を創出する方法や放流設備の新設・改良を通し、従前のダムの機能を向上させる方法などがあります。また、ダム湖に堆積した土砂の対策や水質の改善を目的とした施設の改良もダム機能のリフレッシュとして進められています。
ダムの再開発工事は、既設ダムを運用しながら工事を進めて行くことから、計画の立案から設計・施工において、新設ダムの建設に比べて高度な技術力が求められます。当社は、多くのダム再開発事業の実績とノウハウを保有しており、それぞれのダム固有の課題を踏まえ、既設ダムの再開発に取組んでいます。

中小水力発電事業

水力発電は、温室効果ガスの排出が少なく、地球環境への負荷が低減できる再生可能な自然エネルギーです。原子力発電の安全性への懸念や火力発電の化石燃料価格高騰リスクなどから、水力発電への期待が膨らんでいます。中国の三峡ダム、日本の黒四ダムのような大規模ダム築造によるダム式水力発電や、大規模な流れ込み式発電所の新設は自然への影響が大きく、また、国内では有望な適地も少ないことからその実現性は低いですが、既存施設(ダム、堰、水路)、農業用水路における未利用落差を利用した発電、既設の砂防堰堤を利用した発電など中小水力発電の可能性に大きな期待が寄せられています。
当社では、中小水力発電事業の計画、設計から運用、維持管理までのノウハウを有しており、今後の日本のエネルギー問題の解決に取り組んでいます。

ダム・発電の主な事業実績

関連資料・技術資料

  1. 日本工営 ホーム
  2. 事業紹介
  3. コンサルタント国内事業
  4. ダム・発電