中央研究所

土木、環境、社会科学分野など、日本工営のコア技術の研究開発を担っている中央研究所。ここで得られた研究成果は、国内・海外の各種プロジェクトに役立てられています。

中央研究所全景
中央研究所外観

世界に通用する「技術開発力の向上」を支える「ハブ機能」

たえまない技術開発力の向上は、当社の基本方針の一つです。高度化・複雑化し続ける国内・海外のお客さまのニーズに、的確にお応えできる技術サービスを提供するには、幅広い見識に裏付けされた技術開発力がなにより大切です。
中央研究所では、コンサルティング・エンジニアとしての技術開発力の向上を実現するため、将来を見すえた基礎研究や実務に直結する応用研究を通じて、また異なる事業部門や日本工営グループ各社との連携作業の中で、全社的な技術・人財のハブ機能を担っています。
当社には、本人の希望により中央研究所に一定期間在籍できる仕組み(MSP制度)があり、技術開発力や人間力・総合力をアップさせた人財は、再び現業部署に戻り、「国づくり」に貢献できるコンサルティング・エンジニアのプロフェッショナルへとステップアップしていくことができます。

「総合力」で技術イノベーションを創造する組織環境

コンサルティング・エンジニアには、いくつもの専門技術をすり合わせる総合力が求められます。このため中央研究所では、土木(水・土・構造・耐震)・環境(化学・自然)・社会経済分野の研究グループが、総合技術開発部という一つの部署で運営されています。
様々な分野の専門技術者が、フラットな組織で知恵を出し合うことで総合力が発揮され、技術イノベーションを創造しやすい環境を作り出しています。

「数値解析技術」と「実験技術」を融合した施設環境

コンピュータを用いた数値解析技術は、様々なコンサルティング業務に不可欠ですが、数値解析モデルの適用に当たっては、そのモデルの確かさを検証しなければなりません。
中央研究所には、水理実験・土質試験・環境試験のための施設が備えられています。数値解析の入力物性値や出力された現象を、各種実験によって物理的に検証することで、成果品の高い品質を維持しています。国や大学の研究機関に引けをとらない民間コンサルタントとしては最大級の研究施設環境がここにはあります。

中央研究所の研究グループ

中央研究所では12グループを組織し、幅広い分野について研究開発を進めています。

社会資本管理系

計画数理グループ 交通需要予測、環境流体数値解析、最適化手法などの数値解析技術を用いて、環境、防災、交通の問題に最適解を求めます。都市・防災リスクマネージメント、交通計画、環境影響評価、環境保全型の利水計画など、さまざまな事業評価、施策支援を行っています。
構造解析グループ 独自に開発した複数離散ひび割れモデルなどを用いて、老朽化した下水道管梁の健全度診断や補強設計、ひびわれ損傷を受けた ダムやトンネルなどのコンクリート構造物の性能照査を行っています。また、SdivR工法の一般技術者向け設計支援システムSPRANAを開発しました。

複合災害系

水工水理グループ 河川、砂防、ダム、発電、下水道などの水理構造物について、水理模型実験と解析を行っています。コスト縮減、維持管理、自然環境にも配慮した、安全・安心な構造物を提案します。下水道雨水吐室からのきょう雑物流出を抑制する水面制御装置を開発しました。
応用水理グループ 水循環系、洪水流出、浸水氾濫、津波などの数値解析モデルを開発し、治水・利水全般に係わる検討を行っています。 また、地理情報と時系列情報を統合して扱える汎用ソフトNK-GIASを開発し、膨大な入出力データの可視化が容易な環境を提供しています。
防災水理グループ 津波、高潮、洪水などの数値解析モデルを開発し、リアルタイムの災害予測、災害被害想定、防災リスクマネジメントや 防災計画に係わる水理解析と評価を行っています。
流域砂防グループ 土石流、流砂、流木などの数値解析モデルと水理模型実験により、土石流、泥流、天然ダム、砂防施設の効果、 流砂モニタリングや砂防計画の水理解析と評価を行っています。
地盤耐震グループ 直下型地震を想定した地震波の作成、過剰間隙水圧を考慮した有効応力解析による液状化の検討、弾性トモグラフィー解析、活断層の位置特定手法など、大地震に備えて、活断層調査から耐震設計にいたる地震災害軽減技術に取り組んでいます。
岩盤解析グループ 切土斜面の安定性評価と対策工の信頼性向上、大型地すべりや土石流対策の合理的な計画・設計と事業評価、地下発電所などの岩盤空洞の安定性評価と対策工の信頼性向上など、シミュレーション技術で斜面防災事業のコスト縮減を目指しています。

土壌・地盤環境系

地盤・材料グループ フィルダム・道路・空港高盛土などの土構造物、軟弱地盤、廃棄物、建設残土などを対象に、地盤・材料試験、遠心力載荷模型実験、 現場施工管理を行っています。地震時の液状化に伴う、下水道マンホールの浮上防止対策として、フロートレス工法を開発しました。

地下水・自然環境系

環境科学グループ 環境計量証明事業所として水質・土壌分析を行い、水質監視、土壌・地下水汚染調査、地下水流動調査など、さまざまな環境解析・評価を行っています。また、海水面上昇と地下水への影響、CO2地下貯留など、地球温暖化に係わる研究を進めています。
環境水理グループ NK-hydro2D・3Dなどの二・三次元数値解析モデルを開発し、河川の流れや河床変動、橋脚や護岸の洗掘、ダム湖の堆砂・排砂、 閉鎖性水域の水質予測など、水環境、流砂、河川計画・管理に係わる水理解析と評価を行っています。
自然環境グループ 里山保全活動、稀少種の保護・増殖、ビオトープの整備を通して、生き物や生態系など、自然環境の保全に係わる技術を提案、実践しています。また、現地調査やモデル計算により環境因子の変化と生物応答の特性を捉え、生物・生態系の定量評価を行います。
  1. 日本工営 ホーム
  2. 研究開発・技術
  3. 中央研究所