マネジメント統合マネジメント技術

新規公共資本整備予算の削減や国、地方の財政難、技術職員の減少、技術力の低下などの課題に対し、民間資金やノウハウ(技術力やマネジメント力)の活用も必要不可欠となっています。社会資本の維持管理におけるライフサイクルコストの最小化を目指した対策の優先順位付や予算の平準化、さらには、永続的に国民の安心安全を提供するための事業運営改善、官民連携(PPP)などの仕組みの提案などのコンサルティングを行います。 私たちは、これらの技術サービスを通じて、行政・民間企業・市民が様々な形で協力・連携する新しい社会資本の維持管理の在り方を発信します。

主な技術サービス

事業運営効率化と方策検討(事業スキーム・資金調達)

社会資本ストックの維持管理面でも、民間的な経営手法の導入により事業運営の効率化やコストの縮減が図られています。当社は、事業運営の効率化をユーザである国民の皆さまの視点で、経済性、安定性(継続性)、発展性の視点から事業運営のスキーム構築から資金調達手法までをご提案致します。
具体的には、ユーザーのニーズ(構想)を整理し、これらを計画立案時に具体化し、地域や県域への波及効果を軸にした整備優先順位計画のケーススタディ等を行います。さらに事業実施に向けて資金調達の方法とその財務的効果の整理、民間活力を積極的に導入した効率的な管理運営手法を提示するとともに、モニタリング、経営診断、改善計画立案を行います。

事業価値評価

公共インフラの整備・管理・運営には、社会環境の変化に伴うニーズの多様化や今後の更新費用の捻出など経営効率化が求められています。このような背景の下、諸外国における先進事例を受けて、近年、事業譲渡等による資産流動化のニーズがクローズアップされてきています。
公共インフラの資産流動化に当たっては、その資産価値を把握することが重要となります。これまで公共インフラの調査、設計、施工管理等で培った技術をもとに、公共インフラの特性や、対象資産の特徴を現地調査や実績、他事例等を調査の上、当該資産の財務状況の分析、長期修繕更新計画の策定、将来収支の予測などを行い適正な事業価値の評価を行います。

官民連携事業の推進支援(PFI・PPP)

厳しい財政状況が続く中、多様化する公共サービスへの対応や既存インフラ施設の更新、衰退した中心市街地の再生などの都市経営上の諸課題に対して、地域の持続的な発展を支えるために限られた予算で効率的・効果的に対応することが求められています。
このため、公共サービスや都市再生等の様々な分野において、民間の技術・経営ノウハウや民間資金を活用し、コスト縮減やサービス品質の向上、財政負担の平準化、未利用公有地の利活用等を目指した官民連携手法(PPP:Public Private Partnerships)の導入が期待されています。
当社では、公共インフラ施設の整備・維持管理や公有地の利活用推進による地域活性化など幅広い事業分野において、PFI(Private Finance Initiative)手法をはじめとし、"性能発注""長期契約""包括契約"の最適な組合せによる官民連携手法のご提案と民間募集・評価選定・契約交渉・モニタリング等に関するアドバイザリーサービスを提供しています。これらを通し、財政負担の軽減や公共サービスの質的向上、地域活性化等の都市経営に関する支援を行います。

関連資料・技術資料

  1. 日本工営 ホーム
  2. 事業紹介
  3. コンサルタント国内事業
  4. 統合マネジメント技術