マネジメントアセットマネジメント技術

社会資本ストックの老朽化(国家的社会リスク)が進展する中、適切にストックの状態を診断し長寿命化を図ることは、国民の「日常生活における安全・安心対策の推進」にとって重要となっています。そして、コストの縮減・平準化を目的とした予防保全的管理への転換に向け、社会資本の戦略的維持管理の推進を益々加速していく必要があります。 アセットマネジメント技術分野では、非破壊調査技術や数値解析技術を駆使し、橋梁やダムなど社会資本の構造的な弱点や劣化傾向を適切に評価します。これらの構造物の評価結果に基づき効果的・効率的な保全対策設計や維持管理計画の提案を行います。

主な技術サービス

社会資本ストックの健全性調査・診断・評価

戦後に急速に整備された社会資本ストックは、徐々に老朽化が顕在化してきています。昨今の社会情勢のもとでは新規建設の財源確保が難しく、既存の社会資本ストックをいかに効率的に延命化するかが課題です。そこで、どこをどのように対策するべきかを明らかにするために社会資本ストックの健全性調査・診断・評価を行います。
当社ではコンクリート診断士などの専門技術者が、目視点検や、必要に応じて非破壊検査などの高度な調査技術を活用し、様々な維持管理情報を収集しています。さらに、調査精度を高めたり迅速化を図るため、「レーザー法やCCDラインカメラ法による道路・水路トンネル等の壁面連続画像計測」、「水中テレビロボットやフロート式水路トンネル診断装置による水路通水下での無人内部調査」、「電磁波レーダ法による施設の構造・内部欠陥調査や地中の空洞探査」、「簡易に施設の劣化を診断する簡易診断ボックス」などの調査技術を調査条件や目的に応じ、組み合わせて、最適なコストによる調査と評価を実現させています。
さらに、調査結果をもとに劣化の程度や劣化要因の推定などの施設の状況を評価し、対策の必要性の有無、対策範囲、対策優先順位等の判定などのサービスを提供します。

機能保全対策設計

既存社会資本ストックの機能保全事業ではライフサイクルコストの縮減を目的に、既存施設の現在の耐荷性能を定量的に評価し、経済的で効果の高い対策が求められます。当社では、これまで多くの社会資本ストックの機能保全対策設計を実施しており、施設の機能維持を図るための様々な技術的サポートを提供できます。
特にコンクリート構造物の機能保全では、当社の保有する分布ひび割れモデルに基づく非線形解析ツールが合理的対策設計を支援します。本ツールは、ひび割れ等の変状が発生したコンクリート構造物の残余耐荷力を直接算出することができるため、定量的な補強の要否判定が可能となります。また、補強対策後の効果については、既設構造物の残余耐荷力を考慮した複合構造物としての耐荷力が算出できるため、合理的・経済的な補強設計を提案することができます。

長期保全計画策定(設備維持管理面・制度面・財政面)

財政難の中で、社会資本ストックの延命化はコスト縮減面からも効果があり重要な施策となっています。例えば河川管理施設においても財政面から施設の更新が難しくなっております。そこで、河川管理施設の法定耐用年数を超えて長寿命化させるために、社会資本マネジメントの考え方を導入し、効果・効率的な維持管理や運用管理を持続的に行っていくための仕組みづくりを支援します。
長期保全計画策定にあたっては、個別構造物に要求される機能の設定や機能の維持・回復だけでなく、将来のニーズに応じた対応策を提起するなど、施設それぞれの劣化の特性(構造特性)や機能低下した場合の影響(地域特性)、歴史的価値などを考慮し、管理の合理化・省力化効果の高い維持管理計画を作成します。また、実施に向けて制度面や財政面からの課題・問題点を抽出し施策立案時のサポートを行います。

関連資料・技術資料

  1. 日本工営 ホーム
  2. 事業紹介
  3. コンサルタント国内事業
  4. アセットマネジメント技術