APPLICATION REQUIREMENTS

募集要項

2020年3月卒業のみなさまへ
2020年新卒採用の募集要項についてご案内いたします。

応募方法

下記要項をご確認の上、マイナビの当社エントリーフォームからエントリーを行ってください。
エントリーされた方には会社セミナーのご案内、選考に関する情報を随時送信いたします。

募集職種

【技術系総合職】

・コンサルタント
 土木系(水圏環境、都市・交通計画、交通運輸、地盤、インフラマネジメント、情報)
 建築、地質・防災・砂防・地熱、農業土木・農業、環境、防災マネジメント、防衛基盤
 電気・機械・情報系(情報・通信、電気・電子、機械、火力)

・エネルギーマネジメント

・電力設備工事

・電力機器装置製造
 情報・通信、電気・電子、機械

【事務系総合職】

 営業、総務、法務、人事、経理、財務、広報、IRほか

技術系総合職の分野別キーワード

職種   キーワード
    分野
コンサルタント 土木系 土木全般 1)分野にこだわらず日本工営で働くことを強く希望する方、2)自分がやりたい分野を絞り込めない方、3)複数の分野を経験したい方は、こちらを選択してください。
水圏環境 【河川・ダム】
総合治水・利水計画、ダム計画、ダム再生、河川計画、河川環境保全、多自然川づくり、事業評価、ダム設計、ダム施工計画、河川構造物設計(堤防、堰、水門、樋門、排水機場)、耐震設計(河川構造物、ダム)、河川維持管理計画、総合土砂管理計画、水利構造物の点検調査・診断・非破壊検査・シミュレーション、ダム劣化診断、長寿命化計画・アセットマネジメント計画、水力発電等のエネルギー開発
【上下水道】
上下水道施設の調査・計画・設計、雨水管理・浸水対策、大規模地震・津波対策、合流式下水道の改善対策、上下水道施設の点検・診断、改築・更新、ストック/アセットマネジメント、広域化・共同化、官民連携、資源・エネルギー循環の形成(水力、下水熱等)、各種特許商品開発
都市・交通計画 都市・交通政策、都市計画、広域・国土計画、地域計画、交通計画、公共交通計画、観光交通、自転車交通、道の駅、TDM、ITS、次世代モビリティ、タウンマネジメント、スマートコミュニティ、コンパクトシティ、地方創生、地域活性化支援、公園運営維持管理計画、ランドスケープデザイン、緑地計画・設計、都市開発計画・設計、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメント、コンストラクションマネジメント、PPP/PFI、行政マネジメント、研究開発
交通運輸 道路、鉄道、橋梁、山岳トンネル、物流、港湾、海岸、漁港、津波、空港、飛行場、ヘリポート、舗装、鋼構造、コンクリート構造、複合構造、交通事故対策等に関わる調査、計画、設計、構造解析、耐震解析、点検・調査・診断、補修・補強、予防保全、耐震補強、景観検討、施工計画、研究開発
地盤 河川・道路・空港・港湾・土木構造物基礎・フィルダム・シールドトンネル・土構造物等に関わる土質調査・原位置試験・室内土質試験、軟弱地盤対策、圧密沈下解析・対策、液状化解析・対策、斜面安定解析・対策、支持力検討・対策、FEM解析、堤防強化に関わる調査・解析・対策、地盤改良設計、補強土壁・補強盛土設計、空港施設・港湾施設・海岸保全施設・河川管理施設・農業用水施設・宅地擁壁等の地震防災対策、地震動シミュレーション、地震被害想定、耐震診断、耐震補強対策、地震応答解析、品質管理(土質材料)、施工管理(現場管理・試験)
情報 GIS、衛星リモートセンシング、CIM(BIM)、i-Construction、3次元データモデル、VR、AR、洪水・土砂災害予測、画像解析、AI、遠隔監視・遠隔制御システム、インフラ維持管理システム、情報提供システム、交通管制システム、施設防災システム、防災支援システム、危機管理システム、クラウド、ICT、情報ネットワーク、センサーネットワーク、IoT、モバイルアプリケーション、ビッグデータ、データ標準化、システム最適化/仮想化、ETC/ETC2.0、自動運転、情報基盤整備、社内ネットワーク計画・保守
インフラマネジメント 【交通インフラマネジメント】
交通運輸に関連するインフラ施設(道路、舗装、橋梁、トンネル、空港、港湾、標識等の道路附属物)を対象とした点検・調査・診断、コンクリート・鋼構造物等の非破壊検査・詳細調査・試験分析、インフラモニタリング・新技術の開発・導入、補修・補強設計、数値解析・シミュレーション、アセットマネジメント・ストックマネジメント・維持管理計画、PPP・自治体支援策、維持管理システム・データベースシステム、新設コンクリート構造物の品質向上、維持管理技術の教育支援・海外展開
【水工インフラマネジメント】
流域の源流から河口まで、河川、砂防、ダム、水力発電、農業、上下水道、港湾、海岸等の社会に欠かせない既存の水インフラの機能維持や機能向上に関するソフト・ハード対策の検討(施設の機能や状態の計測・点検・モニタリング、ICT・IRT技術の活用、データ分析に基づく健全度診断とリスク評価、ニーズに応じた施設の目的変更や機能改善、施設の補修・補強・改築設計、地震や浸水対策検討、ダム再編・再開発の計画・設計、河川維持管理の検討、流出解析やダム等操作シミュレーション、公共事業評価、川まちづくり検討、歴史的建造物保全、長寿命化計画策定や包括的マネジメント等)
防衛基盤 防衛基盤整備に関する計画・調査・設計・施工監理・CM/PM、飛行場施設(滑走路、誘導路、駐機場)、港湾施設(岸壁、護岸、桟橋、埋立、防潮堤)、道路施設(道路、橋梁、擁壁、補強土)、ユーティリティ(施設雨水排水路、防災調整池、給排水施設)、燃料施設(燃料タンク、消火施設)、地盤対策工(斜面安定工、液状化対策工、地盤改良工)
建築 建築計画・設計・監理(事務庁舎、地域活性化施設、斎場、道の駅、商業施設、教育施設、スポーツ施設、土木付帯施設)、PPP/PFI事業、都市開発、港湾開発、建築保全計画、ファシリティマネジメント、公共施設再編・再配置計画、既存建築物調査(構造、適法性他)、BIM活用
地質・防災・砂防・地熱 地質、地下水(地下水に関する調査・解析)、地圏環境地質(土壌・地下水汚染)、土石流、地すべり、がけ崩れ、火山、斜面防災(施設設計、地形解析、斜面安定解析、地震時安定度評価)、砂防(施設設計、砂防計画、総合土砂管理、氾濫解析、流砂解析)、危機管理・防災訓練、減災計画、計測・モニタリング、施設長寿命化、地熱開発、地熱貯留層解析、地熱掘削技術
農業土木・農業 農業施設の調査・計画・設計、農業施設(土木構造物、施設機械設備、電気設備等)の機能診断調査、ストックマネジメント、長寿命化計画、防災・減災のための耐震診断・耐震設計、再生可能エネルギー(小水力、バイオマス等)の調査・計画・設計、農村地域の活性化・地域づくり等の調査・計画策定・立案、農業経済、農業・農村開発、営農、作物栽培、流通
環境 開発事業に係る環境アセスメント、セーフガード(環境配慮、社会配慮、用地取得、住民移転、合意形成等)、大気・水環境、都市環境、環境化学分析、自然環境保全、自然資源・生態系管理、緑化、グリーンインフラ、森林・流域保全、REDD+、環境計画、環境管理、気候変動緩和策(JCM、CDM等)、気候変動適応策、再生可能エネルギー、天然資源調査・管理、循環型社会形成・廃棄物適正処理(最終処分、3R促進等)
防災マネジメント 防災・危機管理計画、業務継続計画(BCP)、災害対応マニュアル、強靭化計画、都市防災、防災まちづくり、リスクコミュニケーション、防災教育、防災意識啓発、地域防災力、避難計画、防災情報、災害リスク分析、防災訓練
電気・機械・情報系 情報・通信 防災行政無線、マイクロ多重通信システム、衛星通信システム、IPネットワーク、光ファイバネットワーク、VHF無線システム、テレメータ無線システム、放流警報システム、遠隔監視制御システム、画像監視システム(CCTV)、航空管制システム、洪水予警報システム、電気通信事業者ネットワーク、防災情報システム、ITS(Intelligent Transport System)、情報提供システム
電気・電子 水力発電、太陽光発電、電力系統計画、超高圧送電・変電、配電、高圧受変電、道路・トンネルの照明・防災設備、非常用発電設備、防雷設備、電気鉄道、スマートグリッド、スマートシティ
機械 ダム・堰・水門・樋門等の機械設備及び可動鋼構造物、揚排水ポンプ設備、水力発電設備、道路保全設備、上下水道機械設備、インフラストラクチャに関わる機械エンジニアリングおよび維持管理計画、再生可能エネルギー(地熱、バイオマス等)
火力 ガスコンバインドサイクル発電、ガスタービン発電、石炭火力発電、ガスエンジン発電、ガスコジェネレーション発電・熱供給、バイオマス発電、分散電源のベース電源火力
エネルギーマネジメント 再生可能エネルギー技術を軸とした発電事業、省エネルギー技術を軸としたエネルギーマネジメント事業
※上記に関するアセット保有型事業、エンジニアリング事業、マネジメントサービス事業の展開

小水力、太陽光、バイオマス、分散型電源、蓄電システム、ミニグリッド、バーチャルパワープラント(VPP)、エネルギーマネジメントシステム(EMS)、ESCO、事業投資
電力設備工事 変電設備・水力発電設備(電気・土木)に関する施工計画立案・施工管理、調査・設計
電力機器装置製造 下記の製品に関する企画、研究、開発、設計、製作、検査、施工管理、保守、営業支援
・水力発電所機器(水車・発電機、磁気軸受、電動ガバナ、保護制御装置、磁性流体シール)
・変電制御機器・システム(情報通信機器、ネットワーク、遠方監視制御システム、SCADA)
・変圧器用付属機器(密閉型冷却塔、地下変電所・水冷式冷却設備、コンサベータ、活線浄油機、ブリーザ)
・変電所屋外機器(ライントラップ)
・ダム管理システム(ダム監視制御システム、水路設備運用業務支援システム、ダム情報連絡支援システム)
・エネルギー関連システム(エネルギーマネジメントシステム、蓄電池制御システム、モニタリングシステム)
・防災システム(落石監視システム、斜面崩壊監視システム、火山降灰量・降雨量計)
・その他(ハイブリッド型街路灯)

募集学科

【技術系総合職】

募集分野に関連する学部・学科

【事務系総合職】

全学部・全学科

採用人数

【技術系総合職】

150名程度

【事務系総合職】

6名程度

採用実績

【技術系総合職】

2019年(予定)136名、 2018年 70名、 2017年 78名

【事務系総合職】

2019年(予定)8名、 2018年 6名、 2017年 8名

選考方法

書類選考、適性検査、専門試験、面接

初任給

【コンサルタント・電力設備工事・事務系】

高専卒/213,400円 学部卒/238,000円 修士了/249,700円(2018年実績)

【電力機器装置製造】

高専卒/205,000円、学部卒/226,500円、修士了/237,600円(2018年実績)


※初任給について
 基本給+住宅手当(7,500円)が支払われますが、入寮される場合は住宅手当の支給はありません。

昇給賞与

昇給/年1回(7月)、賞与/年2回(6月、12月)、業績連動賞与

諸手当

通勤交通費(全額支給)、住宅手当、家族手当、時間外手当ほか

勤務時間

フレックスタイム制(標準労働時間7.5時間/コアタイム10:00~15:00)

休日休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、慶弔等特別休暇、メーデー、年次有給休暇(初年度12日、最高20日)、リフレッシュ休暇ほか

保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

勤務地

本社(千代田区)、新麹町オフィス
事業所福島事業所(福島県須賀川市) 、横浜技術センター
研究所中央研究所(茨城県つくば市)
支店札幌、仙台、新潟、名古屋、大阪、広島、四国(香川県高松市)、福岡、沖縄
海外事務所インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、インド、スリランカ、ヨルダン、ケニア、ペルー、他

採用に関するお問い合わせ先

日本工営株式会社 人事部 採用担当
お問い合わせ:お問い合わせはこちら
所在地:〒102-8539 東京都千代田区九段北1-14-6
電話:03(3238)8035
FAX:03(3238)8326