人財開発・技術共有

当社は、「誠意をもってことにあたり、技術を軸に社会に貢献する。」を経営理念としており、経営理念の実現には、誠意をもってことにあたる「人財」と社会に貢献する「技術」が必要不可欠です。

人財育成

当社の企業経営においては、「技術開発と人財育成は成長のエンジンである」と位置づけており、事業戦略には、一般の企業で掲げられる事業環境展望やビジネスモデル等に加えて、人財と技術についての機能戦略が欠かせません。このことから、2016年5月に「人財育成と技術力強化に関するアクションプラン」を策定しました。
アクションプランでは、人財についてはその確保から再配置、自己研鑽、育成・開発、活用・交流といった項目が連鎖的に実施されること、また技術についても技術開発、新技術導入・外部技術活用、高度化、品質の確保・向上、技術資産の継承、知財の活用といった項目が有機的に組み合わさることを目標としており、具体的な実施計画に基づき実行しています。

「人財育成と技術力強化に関するアクションプラン」検討フレームワークの図

技術共有

日々の事業活動を通した人財育成・技術力強化はもちろん大切ですが、それぞれの業務成果を全社で共有するための技術交流にも注力しています。
その一環として、年1回当社グループの技術者が集まる「NKグループ技術交流会」を開催しています。
2015年は、「防災・減災へ向けた取組み」、「グローバル展開と新事業の推進」、「持続可能な社会基盤の構築」をテーマに、口頭セッション24演題、スーパープレゼンテーション5演題、70の展示発表が行われました。開催場所は東京ですが、全国の支店だけでなく、世界中の拠点へとリアルタイムで会場の様子を放映するなど、グループを挙げた技術交流を進めています。
このほかにも、数々の研究会・発表会を定期的に開催し、交流やコミュニケーションによる技術力向上とスキルアップ、情報の共有化を図っています。

研修生の受け入れ

当社グループでは、各事業所において研修生、インターンシップなどの受け入れや大学講座への講師派遣を実施し、社外に当社の技術を広めて人財の育成に寄与するほか当社について知って頂くための活動を行っています。以下その一端をご紹介します。

大学生向けインターンシップ(各事業所)
webサイトのリニューアルに関する打合せに参加したインターンシップ生
大学生向けインターンシップ(各事業所)

学生の就業意識の向上や業界・企業研究を手助けする機会を提供し、学生のキャリア形成や社会に貢献できる人財育成の支援を目的に、インターンシップを受け入れています。例年、国内の事業所・研究所および海外プロジェクト現場で、当社および建設コンサルタント業界に興味を持つ大学生・大学院生、約80名を受け入れ、実務を通した研修を行っています。

大学講座への講師派遣

国内外の大学から依頼を受けて、プロジェクト管理や環境などをテーマとして社員が出張講義を行っています。当社グループが事業を通じて蓄積した技術、経験の一部を伝えることで、関連分野を専攻する学生の方々の勉学や就職の一助となることを期待しています。

仙台支店(宮城県)

仙台支店では、社会貢献活動の一環として、2011年度から宮城県経済商工観光部産業人財対策課および仙台市教育委員会が主催する「未来産業人育成応援業務」に参加し、小学校5・6年生への理科特別授業を実施しています。2014年は延べ650名、これまでの4年間で2,000名以上の児童を対象に授業を行いました。模型を使い、ダムがある場合とない場合の水の流れる様子を子どもたちに観察してもらい、ダムのはたらきについて教えています。
この活動に関して、子どもたちからはお礼の手紙を、仙台市教育委員会からは感謝状をいただきました。

福島事業所(福島県)
大きな装置を前に生徒からは驚きの声が
大きな装置を前に生徒からは驚きの声が

高校生の勉強や就職活動の一助となるよう、自社工場を活用して地域の高校生のインターンシップを受け入れています。工場施設では当社製品を見ていただくとともに組み立て実習なども行っています。実務現場の体験を通し勉学に役立つことを期待しています。

玉野総合コンサルタント(愛知県)
熱心に視察する研修生たち
熱心に視察する研修生たち

1999年より海外からの研修生の受け入れを続けています。玉野総合コンサルタントが得意とする区画整理についての講義や県内の区画整理事業の現場視察などを行います。

  1. 日本工営 ホーム
  2. 研究開発・技術
  3. 人財開発・技術共有