建設コンサルタントとは?

建設コンサルタントの役割

日本工営は、ダム・河川や道路など社会資本整備に携わる事業を行っていますが、それは一般の人がイメージする重機をつかった工事現場で行われるような「つくる」ということではありません。国土・地域・都市整備事業の立案から構想・計画段階での検討業務、さらには地盤・地質調査や環境評価業務、設計業務、施工監理、維持管理業務を通じて、社会資本整備全体に携わります。顧客の要請を受け、社会資本を整備するうえでの真の課題は何かを掴み、第三者目線で各工程において実現に向けての最適解を導き出し、その地域の発展に貢献するのが建設コンサルタントです。

建設コンサルタントのポジション

日本工営の業務範囲

建設コンサルタントの仕事

例えば、ある地域で慢性的な渋滞が発生していた場合、まずコンサルタントは渋滞解消のために最適な手段を検討します。道路を増設するのが良いのか鉄道を新たに作るのが良いのか、またそのインフラは経済合理性があり持続的に発展していくことができるのか、地域住民や環境への影響、工法、コスト、工事にかかる期間など、様々な面から調査を行い、提案します。

工事の段階では多くの企業や人が関わる中で、コンサルタントは、工事がスケジュールどおりに進んでいるかなど依頼主の立場にたって、プロジェクト全体の監理を行います。

建設コンサルタントの仕事は、様々な専門知識を活かしつつも、広い視野で物事を考え、提案を行っていくことで人々の生活を支えています。

社員インタビュー


一般社団法人 建設コンサルタンツ協会: 建設コンサルタントの役割と活用

  1. 日本工営 ホーム
  2. 日本工営について
  3. 建設コンサルタントとは?