代表挨拶

新しい時代へ向けて、
惜しみない努力を続ける。

代表取締役社長 有元 龍一

代表取締役社長 有元 龍一
代表取締役社長
有元 龍一

私たち日本工営グループは、1946年(昭和21年)の創業以来、国内外における社会資本整備を通じて、時代の要請に応えながら国づくりの一翼を担ってまいりました。戦後の復興期から情報通信技術が発展した今日に至るまで、産業振興や国民生活の安心を守るために欠くことができない社会基盤整備に関わる建設コンサルティングや電力流通設備・水力発電に関わるエンジニアリング、さらに近年高まりを見せる環境対策やCO2削減で脚光を浴びる都市交通システム事業への参画などを通じ、社会と密接な関わりを保ちながら事業を進めております。提供するサービスや製品は時代とともに多様化・複雑化しておりますが、首尾一貫しているのは「誠意をもってことにあたり、技術を軸に社会に貢献する。」という経営理念であり、社会資本整備という重責に応える情熱です。私たちは高度化し続けるお客さまのニーズにお応えすべく、多様な技術力に磨きをかけております。

世界は今、新しい時代に向けて大きく舵を切ろうとしています。私たちを取り巻く事業環境においては、効率一辺倒の事業提案ではなく自然環境の保全や既存施設の長期・有効活用など、持続可能な社会を実現するために、これまで以上に緻密な構想力と技術力が必要です。また、新興諸国の経済成長に伴う都市環境の保全、交通ネットワークや電力資本の整備、紛争や災害地域の復興支援プロジェクトなどにおいて、世界の国々から私たちが永い歴史の中で蓄積してきたノウハウを最新技術と組み合わせ提示することが求められています。こうした要請の一つひとつに対し、迅速・的確に応えることがリーディングカンパニーとしての使命です。

私たち日本工営グループは、「安全・安心な社会基盤の整備と豊かな生活空間づくりに価値あるサービスを提供し未来を拓く」というビジョンに基づき、グローバルなコンサルティング&エンジニアリングファームへと進化を続けてまいります。

  1. 日本工営 ホーム
  2. 日本工営について
  3. 代表挨拶