人財育成

人財に関する考え方

日本工営グループでは、人財が最大の経営資源であり、価値創造の源泉であると考えています。このため、従業員一人ひとりがプロフェッショナルとしての役割を自覚し、成長を感じながら、存分に能力を発揮し、働きがいをもって活躍することができるよう、研修・セミナーを充実させるだけでなく、人事制度、および継続的に能力を開発するためのシステムを整えています。

人財育成・能力開発のための研修・制度等

研修・セミナー
  • 新入社員導入研修
  • 入社3年目研修
  • 中堅社員研修
  • 役職者研修
  • ハラスメント予防研修
  • ライフプランセミナー
  • TD研修/TDフォローアップ研修※1
  • 技術士第二次試験受験支援セミナー
  • NKアカデミー
ほか
制度
  • 人財交流MSP制度※2
  • 通信教育支援制度
  • 論文投稿・講演奨励金制度
  • 資格取得奨励金制度
ほか
システム
  • NKG E-Learningシステム
  • キャリアパスシートシステム
  • CPD活動登録システム
ほか

※1 Technical Developmentの略で、専門性形成に向けたキャリアビジョンを自ら描く日本工営独自の研修。

※2 Multi Seed Programの略で、技術者育成のため、原籍とは別の部署に一定期間在籍させる人事交流制度。

人財育成方針

人財育成においては、自らが主体的に能力向上に取り組むことがとても大切であると考えます。

そこで当社は様々な支援制度を通じてその主体的な取組みをサポートとするとともに、成長の段階に応じて、また役割が変わる節目において研修を受けられるよう体系化しています。研修を通じて役割に対して自覚し、マインドセットを変えるきっかけとなるようにと考えています。

人財が最大限に能力を発揮するためには、専門技術力だけでは十分とはいえません。共通ビジネススキルである論理的思考や戦略的思考、財務会計や企業法務などに関する知識、そして組織やプロジェクトを運営しメンバーと一緒に協力しながら目標を達成するためのマネジメント力、これらの様々な知識を習得し、能力が総合的に発揮されてこそ“いい仕事”ができると考えています。

また、安心して仕事に専念できる就業環境を整備するために必要なメンタルヘルスやハラスメント予防に関する知識を持ち意識的に行動すること、そして個人の生活設計にとって重要なライフプランに関する知識を持つことも重要です。

このような様々な観点からテーマ・目的を設定し従業員がより活躍できるよう研修を実施しています。

研修を受けることは、知識や能力を修得するだけではなく、業務上あまり接点が無い部門の社員と意見を交わし、また情報交換をする機会にもなります。このような交流を通じて色々な刺激を受け、また新しいネットワークが広がり、それを仕事に活かす場にもなると考えています。

加えて、受講機会を多く提供するため、研修のオンライン化を積極的に進めています。実際に海外出張先から研修参加することも日常的に行われています。知識修得を主目的とする研修はE-learningや録画コンテンツ(アーカイブ化)を充実させ、都合のよい時間に繰り返し受講できるようラインナップを充実させています。

さらに、研修以外にも「資格取得奨励金制度」や「通信教育支援制度」など自己啓発に対するサポート制度も充実させています。

研修体系

日本工営の研修体系

目的 プログラム 概要
求められる技術・スキルの獲得 NKアカデミー

【共通科目】

  • 技術分野
    • 水理学講座
    • 構造力学講座
    • 土質工学講座
  • ビジネススキル分野
    • 文章力向上講座
    • ロジカルシンキング講座

【専門科目】

  • 構造物設計分野
    • コンクリートメンテナンスセミナー
など
その他
  • 品質管理研修
  • 倫理(コンプライアンス)
など
キャリアプランの構想 キャリアプランニング
  • TD研修
  • TDフォローアップ研修
など
階層別の役割認識 階層別教育
  • 新入社員導入研修
  • 入社3年目研修
  • 中堅社員研修
など
全社員共通に求められる知識の獲得 その他
  • OJT担当者セミナー
  • ハラスメント予防研修
など

取組み事例

NKアカデミー

当社では若手技術者の育成と次世代への技術継承が重要な課題です。この課題を解決するため、日本工営グループの若手技術系社員の社内研修プログラム「NKアカデミー」を2020年6月に開設しました。

人財企画部と各部署がテーマを企画し、社内講師による講座を行い、反復学習の促進のために講座終了後は動画をアーカイブ化しています。開始から半年で、技術分野で19講座、ビジネススキル分野で6講座を実施しました。また、専門科目として河川・水工、砂防、海岸、交通、電気・電子、建設環境など13分野の講座を設け、各専門分野の知識を深化させています。

今後は、講座のさらなる拡充やグローバル版の展開に取り組み、社会の発展に資する良質な技術サービスを提供してまいります。

入社3年目研修

【対象者】入社3年目の社員(同期入社)

【目的・主なプログラム】

  1. ①基本的な論理的思考の考え方を踏まえながら、実務に使えるレベルの問題解決スキルを習得する。
  2. ②若手社員に必要な日常業務における共通基礎知識を習得する
  3. ③メンタルヘルス(セルフケア)に関する知識を習得する
  4. ④同期入社の社員が一堂に会し、刺激を与え合うことにより相互成長を図る

【受講者の声(一例)】

  • ・新入社員研修で学んだ仕事の進め方について、実務を経験した上で改めて学ぶことで自身の行動の振返りが出来、また多くの気づきが得られた。
  • ・今までできていなかった論理思考を学べたことが良かった。業務に活かしたい。
  • ・具体的な事例を基にグループワークに取り組めたので実践的で良かった。

FDM研修

【対象者】就任1年後の課長

【目的・主なプログラム】

相互啓発の場を設け、組織や業務のマネジメント力を向上させる。

  1. ①マネジャーが直面するこれからの現実的な環境
  2. ②チームマネジメントに関するケーススタディ(グループワーク、全体討議)
  3. ③合理性の限界を超えたところでのメンバーの合意・実践の創造
  4. ④チームワークの土台作り

【受講者の声(一例)】

  • ・信頼関係を築くにあたり、方向性や目指すべき将来像を具体化して共有しようと感じた。
  • ・同じ「部下の変化」であっても自分の見方や心持ちで、良くも悪くも見えることに気付かされた。自分の「テーマ」が一貫するようにしていきたい。

定量データ

技術士数(単体・グループ)

技術士数(単体・グループ)

新入社員採用数・新入社員採用女性比率

新入社員採用数・新入社員採用女性比率

平均勤続年数(単体)

平均勤続年数(単体)

離職率(単体)

離職率(単体)
  1. 日本工営 ホーム
  2. ESG
  3. 社会(S)
  4. 人財育成