交通運輸道路橋梁

社会資本の整備と管理は「国民の暮らしを支え、安全・安心で豊かな、自立した活力ある暮らし」を実現するために必要不可欠となっています。特に道路(道路・トンネル・橋梁)は国民の生活に密着した社会資本であるとともに、物流や観光などを支える重要な役割を担っています。そして今後は、少子化・高齢化の進展、個々人の価値観・ライフスタイル・ニーズの多様化と高度化など、生活環境の変化に応じ、生活者の視点にたった道路の「整備」と「管理」が益々重要となっています。
道路橋梁分野は、道路に関わる計画・調査・設計までの「整備」に係るサービスから、機能保全・向上、維持管理計画策定までの「管理」に係るサービスを行っています。地域の活性化、物流の効率化、都市部の深刻な渋滞の解消、地球温暖化対策さらには地域コミュニティの形成への寄与等に果たす道路の役割は大きく、空港、港湾、情報、防災、環境、維持管理とさまざまな分野との連携により生活者視点で利用される道路整備を進めています。

主な技術サービス

交通ネットワーク整備計画(環状道路、バイパス、臨港道路)

整備構想のある各種道路計画に対して、地形,地質,土地利用,環境等の制約条件を整理しながら、技術的に施工可能な路線を立案し、経済性,施工性,維持管理,環境、景観等の多面的な指標を基にした検討を行います。加えて、整備効果として交通量推計による費用便益分析を用い、地域社会や地域経済活性化を図ることを目的に総合的に評価することにより最適な案を決定し、具体化を図っていきます。
ルートの決定に当たっては、多様な住民意見を反映するためにPIの実施や、学識経験者の意見聴取や関連機関の調整の場として委員会が開催されることもあり、会議資料の作成や運営補助を行います。

交通事故対策、交差点改良計画

交通事故対策に関しては、マッチングデータや事故図(発生位置、事故件数(年度別、事故類型別、昼夜別等))のデータや道路交通センサス等を整理しながら、事故要因や考えられる対策案の室内分析を行ったうえで現地調査で道路,沿道,交通状況を確認しながら、現地に即した効率的で効果的な対策立案を行なっています。また生活者の視点から、ヒヤリハットアンケート等による住民意見の反映や、単路や交差点の地点対策だけでなく、調整会議を運営しながら公安委員会、道路管理者と一体となった生活道路の面的対策の立案も行っています。
この他交通実態調査(交通量、渋滞、旅行速度)からの交通容量算定だけでなく、ミクロシュミレーションを実施して改良効果とその影響を評価しながら、渋滞を解消する交差点改良計画等の対策計画も行っています。

斜面防災関連道路、防災・減災対策

新規の道路設計では、切土斜面・盛土法面・土止め構造物の安定性などをトンネル・橋梁等と比較検討の上適切な道路構造を選定し、長期の安定性が得られる法面対策や法面保護工の設計を行います。
道路防災点検や維持管理の中で抽出される災害危険箇所に対し、道路用地外の危険因子も含め、発生源対策・防護対策の適合度を構造性・経済性・施工性・環境適合性・維持管理性などから総合的に判断し、道路利用者の安全性向上に寄与しています。

トンネル(山岳、シールド)計画設計

急峻山地・河川・海峡などの箇所では、概略・予備設計段階では採用可能な工法(NATM、シールド、開削、沈埋)を抽出し、適正案を比較選定します。詳細設計段階では、"適切な支保構造選定"・"脆弱部の補助工法や効果検証のための解析や構造計算"・"坑口位置形式の選定"施工計画""景観設計"などを行います。さらに本体工だけでなく換気・照明や非常用設備計画のほか、トンネルを安全に利用するための定期点検や補修計画策定も行っています。
また新設トンネルの建設が難しい場合には、供用中の交通を維持しながら拡幅するリニューアル設計を行うなど、地下構造物全般に携わっています。

橋梁・高架橋計画

橋梁や構造物の計画・設計では、「構造計画、数値解析、耐震技術、景観設計、技術開発」の五つの専門分野を主軸とした技術提供を行っています。都市内の高架橋、河川や港湾を跨ぐ大型橋梁、空港内に建設される特殊橋梁まで基本計画や設計を実施します。
「橋梁・高架橋の構造計画」では、基本条件や現地制約を図化しながら最適構造や架設計画の提案を行います。「特殊構造のFEM解析」では、鋼・コンクリート複合構造の応力解析を、「耐震技術」では軟弱地盤を含めた構造物全体の耐震解析など、総合コンサルタンツの技術力を活かした数値解析を実施します。「景観設計」では、周辺環境と調和した橋梁全体のデザインや色彩計画を3D-CGで提供します。「新技術・工法の開発」では、ジャンボジェット機が走行する誘導路橋梁など、大学や当社中央研究所と協力しながら独自の技術構築を行っています。

横断歩道橋・ペデストリアンデッキ計画

横断歩道橋やペデストリアンデッキの計画・設計では、「ユニバーサルデザイン、景観設計、都市内の施工技術、合意形成、工事発注支援」の五つの項目を重視した技術提供を行っています。駅前などの都市空間に調和するデッキや都市内建築物と接合する横断歩道橋等など、公共性・デザイン性の高い構造計画を得意とします。
「ユニバーサルデザイン」では、利用者層や利用者動線を分析し、誰もが利用しやすいデッキ配置や昇降施設の配置を検討します。「景観設計」では構造デザインから素材の質感まで一貫した景観コンセプトを、「都市内の施工技術」では交通規制や住民生活への影響が最小となる施工工法や手順を提供します。「合意形成」では利用者に愛される構造物をHPやアンケートにより抽出します。「工事発注支援」では、工事費算出や工事工程計画立案などにより、スムーズな工事発注をサポートします。

橋梁の維持更新計画、耐震補強設計

橋梁の長寿命化対策として、維持更新計画の立案から点検、調査、補修設計まで、総合的な技術提供を行っています。
橋梁の維持更新計画では、最小の投資で最大の効果を上げる維持管理を実現するために、より効率的な方法で状態把握、劣化予測、補修補強の優先順位決めを行い、調査費用の節減、効果的な補修計画、根拠資料の作成を行っています。
耐震補強設計では、損傷部材の補強だけではなく、橋全体として耐震性の向上を図ることが重要であるため、分散・免震機能の付加やダンパーの併用およびせん断パネル型制振ストッパーの設置等の新型デバイスの提案を行うことにより、コストパフォーマンスの高い技術を提供しています。
また、当社中央研究所では橋梁のみならず動的遠心載荷模型実験を適用した大規模地震時高速道路盛土の破壊形態および耐震対策に関する検討を行っています。

各種道路施設点検(橋梁、トンネル、道路防災、道路構造物)

これまで蓄積してきた道路施設の点検の実績や塩害およびアルカリ骨材反応などのコンクリート劣化の診断技術によって、道路施設の維持管理を支援します。
各種点検では、目視点検で得られる情報に「簡易診断BOX」(非破壊試験機器とコンクリート用ドリル、試薬等を1つの箱に収めたもの)による簡易診断結果を付加することで、効率的な維持管理に係る情報データベース(DB)構築が可能となり、DB を活用してライフサイクルコスト最小化を可能とする維持管理計画の策定を実施します。

関連資料・技術資料

  1. 日本工営 ホーム
  2. 事業紹介
  3. コンサルタント国内事業
  4. 道路橋梁